BLOG

『有限会社 まいらいふ』の“今”をお伝えします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 訪問介護
  4. 介護請求ソフト「カイポケ 」を絶対にお勧めできないたった1つの理由。

介護請求ソフト「カイポケ 」を絶対にお勧めできないたった1つの理由。

おはようございます。訪問介護サービス提供責任者の平山です。

本日は普段の記事とは少し趣向を変えて、

多くの介護事業所で利用している「請求ソフト」について書きたいと思います。

介護事業所は、人手不足、人材の高齢化、過剰な事務負担(特にケアマネや訪問介護は、役所や他職種、利用者様から「何でも屋の下請け」と勘違いしているのではないかというようなことを言われることがあります)、などと戦っています。

そんな中、少しでも業務の効率化を図り、

事務作業の負担を軽減すべく「請求ソフト」を利用します。

様々な請求ソフトがあり、

弊社でも導入時に複数のソフトを検討しました。

でも実際に使用しているレビューなどは少なく、

知り合いの事業所に聞いてみるくらいしか情報収集の手段がありませんでした。

これは実際の使用感が聞ける反面、ソフトに求めるものが違うと参考になりづらいこともあります。

そこで、今回は弊社が利用している請求ソフト「カイポケ 」について

独断と偏見に基づき、

とことん正直にレビューしたいと思います。

介護ソフトの導入や切り替えを検討している方の参考になれば嬉しいです。

弊社が請求ソフトに求めること


・業務の効率アップに役立つ

・訪問介護(障害の居宅サービスを含む)と居宅介護支援で同じソフトを利用できる

・クラウドでデータ保管ができる(水害でパソコンが被害にあった経験あり)

・シフト作成から国保請求までの一連の請求業務ができる

・経過記録や介護計画作成、アセスメントなど運営基準を満たすために必要な書類を作成できる

・見やすく、直感的に操作できること

現在使用しているソフト「カイポケ 」の実際


・効率アップには全く役に立ちません。

後述しますが、これが新たにソフトを検討している方が

絶対に「カイポケ 」を選んではいけない理由です。

・訪問介護と居宅介護支援で同じソフトを利用できます。

事業所ごとに別料金がかかり、他のソフトと比較しても割高ではありますが

同じソフトを利用することができます。

なぜ割高なのに、このソフトを選んだかというと

当時は「訪問看護」も同じソフトが利用できる、という条件もあったためです。

そのころは、この3事業所で同じソフトがクラウドで利用できるものはほとんどありませんでした。

・クラウドでデータ保管することができます。

そのため、パソコンの買い替え時にデータ移行せずに済みました。

ただ、ここにも「カイポケ 」の大きな欠点があります。

・シフト作成から国保請求までの一連の請求業務も行えます。

この操作性は好みの問題なので、私は不満がありますが特に大きな欠点ではありません。

・経過記録や介護計画作成、アセスメントなど運営基準を満たすために必要な書類を作成できます。

訪問介護のアセスメント項目には大きな疑問がありますが、

運営基準を満たすという最も重要な点はクリアしています。

・見やすくはありません、直感的に操作することはできません。

そもそも介護の請求ソフトは、操作が簡単なように作られています。

でも「カイポケ 」は画面がものすごく見にくいように作られています。

急ぎで操作したくても、画面が切り替わることに「カイポケ 」が宣伝したい自社の広告を

ポップアップで何度も表示してきます。

サイズも大きいため、画面の右下のボタンをクリックしたい、

全体の表示を確認したい、場合などは必ずバツ印をクリックして消さなければなりません。

1日に何度も何度も、不必要な広告を消すために無駄な動作をさせられます。

これが無料ソフトで、広告収入によって運営されているならば

広告表示は当然のこととして受け入れられます。

でも月に数万円を払い、作業を邪魔され続けることは大きな不満です。

また、トップページなども、自社の広告を表示することにスペースをとっているため

(ものすごくゴチャゴチャしています)

肝心の操作メニューが分かりにくく

醜いインターフェイスとなっています。

もう少し、使う側の都合を考えてデザインすることはできないのでしょうか。

私が経験した「カイポケ 」の問題点


上記のように「カイポケ 」は弊社が求める条件を満たしたソフトとして利用をはじめました。

でも、実際に使い始めると

とにかく使いにくいです。

デザインが操作する側のことを全く考えていないだけでなく、

動作が遅い、不必要な情報が表示(広告含む)される、などもあります。

そして問い合わせが必要なとき(説明書やQ &Aに載っていない内容)に

カスタマーサポートに電話は繋がりません。

繋がらないためにメールで問い合わせをしても、

要領を得ない文章(文法的に間違っているのではなく、こちらの要望を汲み取らずテンプレートな返信)で

しかも解決策はここに載っている、と

記載されていたアドレスはリンク切れでした。

そもそも、カスタマーサポートが請求時期にお忙しいことは承知の上です。

できる限り自社で解決しようとサイトを隅々まで探した上で、問い合わせしています。

にも関わらず、解決できないような返信しか届かない。

仕方なく電話する。

繋がらないが、請求のために必要なので何十分も待つしかない。

ということを何度も繰り返しています。

(リンク切れについては電話でお伝えしましたが、「あ。切れてますね」との返答)

他に、入力したデータを保存するために「登録」を押すと

突然「戻る、などの操作が行われたためログインし直すように」と指示が出てログアウトされることもあります。

この時入力したデータは、保存されず消えていることもあれば、

保存されていることもあります。

「カイポケ 」の表示によれば

「ブラウザの戻るなどのボタンを使用した場合」

「長時間操作しなかった場合」に起こる現象だとなっています。

が、上記操作を行わず、連続して使用しているときにでも突然

しかも何度も起こります。

つまり、いきなりログアウトさせられ、データを消される恐れがあるのです。

そして、請求時期になるとアクセスが集中するためか

動作がものすごく遅くなります。

これはクラウドを利用する上で避けては通れない問題で、

ある程度は仕方ない部分もあります。

でも「カイポケ 」の動作遅延は、ある程度を逸脱します。

その上、まともに繋がらないにも関わらず常に新規開拓だけは積極的で

「紹介事業所に◯万円」などのキャンペーンを

操作画面のスペースを犠牲にして表示し続けます。

企業として新規開拓するのは当然ですが、

せめて「普通に使うこともできない」私たちユーザーに

新たな事業所を紹介してほしいと表示するのはやめてほしいです。

使いやすくコスパのいいソフトであれば、

キャンペーンがなくても紹介します。

「普通に使う」こともできないソフトを

大事な知り合いや同じ業界の仲間に

誰が紹介するでしょうか。

絶対に「カイポケ 」をお勧めできない理由


色々と「カイポケ 」を使って困っていることを書いてきました。

でも、上記とは全く関係なく

絶対に「カイポケ 」を避けるべき理由があります。

それは「そもそもアクセスできない」ことです。

今まで書いてきた問題点や不満は「ソフトを使うことができる」状態で生じるものです。

現在、特にここ数ヶ月は悪化し続けていますが、

請求時期になるとソフトにログインできず、使うことができなくなります。

今月は「ログインできない事象の解消のため」という理由で

訪問介護の請求に必ず必要な機能を使えなくされています。

昨日、「一時的に使える時間を作る」と発表されましたが、

それも延期・未定・延期と結局いつ使用できるのか分かりません、

この記事を書いている現在も

本来は請求業務を進めたいのですが、「カイポケ 」の不具合により

請求業務がストップしています。

まとめ


繰り返しますが、介護請求ソフトは業務効率化のために使用されます。

それが「使えない」のは致命的な欠点です。

1度や2度ならば、ソフトアップデート等がうまくいかなかったのかな?

と我慢もできます。

でもここ数ヶ月は毎月、日常的に不具合が出続け、一番忙しい請求時期には使えなくなる。

これは許容範囲を超えています。

介護ソフトは導入や乗り換えに大きな手間がかかります。

そのために簡単には乗り換えられません。

弊社が選択を誤ったために被っている困りごとを

体験談としてブログにアップすることで、

少しでも「全く使えない」ソフトの犠牲になる事業所が減ることを願っています。

 

ブログランキングに参加しています。 クリックをよろしくお願いいたします! にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事