BLOG

『有限会社 まいらいふ』の“今”をお伝えします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 訪問介護
  4. 【要注意!】猛暑から命を守るために。

【要注意!】猛暑から命を守るために。

こんにちは。

訪問介護サービス提供責任者の平山です。

今日から8月!神戸では本格的な夏が始まりました!

30℃を超える気温の中、命を守るためにはエアコンの使用が必須ですね。

ご家族や親戚等に高齢者がいる方にはぜひご確認いただきたいことがあります。

それは

・エアコン本体のコンセントがささっているか

・リモコンが正しく使えるか、電池が入っているか

・冷房や除湿の設定になっているか

です。

何年も訪問介護の現場にいると

・真夏の気温30℃以上の日に「暖房」でエアコンをつけている

・去年までリモコンが使えていたのに、「ボタンを押す」という動作が難しくなっている(どこがボタンかわからない)

・「今年は暑くない」と真っ赤な顔で窓だけ開けている

など実際に何度も目にしています。

高齢者は一般的に暑さ寒さを感じにくくなると言われています。

エアコンをつける、という動作はできても温風が出ていることに気がつかないことがあります。

また、大昔の感覚のままで現代の夏の危険性を認識できていない場合もあります。

エアコンの機種によっては「除湿」の設定だと温度が下がり続けて冷えすぎてしまうため

「エアコンをつけると寒い」と思い込んでしまうこともあります。

できれば、エアコンに「温度と湿度を自動で調整する」機能があればつけっぱなしにできて安心ですが、

そうでない場合は、ご家族や周りの方が設定温度を確認したり、

今年もエアコンをつけることが出来ているかを確認してみることをおすすめします。

(リモコンの使い方がわからなくなっていても「クーラーの風が好きじゃない」等、

違う言葉で表現されることが多いので要注意です)

夏本番、お互いに声をかけあって命を守り、楽しい夏にしたいです!!

 

『神戸市、大倉山周辺での在宅介護なら“有限会社 まいらいふ”へお任せ下さい!

経験豊富なケアマネージャー、中医学を学んだ介護福祉士など、バラエティに富んだ人員が在籍しています!』

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事